リハビリの服装で気をつけたいポイントは?リハビリの専門家が解説!

初めてリハビリを受けることになったけど、どんなことをするの?
どんな服装していけば良いの???

病院でリハビリを受けることになった場合、リハビリの専門家でもある理学療法士や作業療法士がお手伝いをすることになります。

しかし服装によっては、適切なリハビリができなくない可能性もあります。

なので、今回は現役理学療法士の私がリハビリを行うにあたって、適した服装や注意するポイントを解説させて頂きます。

スポンサーリンク

動きやすい服装であればOK!

 リハビリの内容のほとんどが、マッサージ、ストレッチ、エアロバイク、筋力トレーニング、歩く練習やバランス練習がメインとなります。

なので基本的には、運動し易く、動きやすい服装が適しています。

一方で適していない服装は、動きづらくピチピチした余裕のない服装です。

○ 適している服装 ✕ 適さない服装
余裕のあるシャツ 余裕のないシャツ
パーカー・スウェット 余裕のない上着
ジャージズボン 余裕がないズボン・ジーパン
靴下 裸足
脱ぎ履ぎし易い運動靴 スリッパ・サンダル

私は過去にリハビリの専門病院で勤務していましたが、大体の患者さんの服装はTシャツ、スウェット、ジャージ上下の方がほとんどでしたよー!

袖(ソデ)・裾(スソ)がめくり易い服装ならベスト!

先程説明した動きやすい服装に加えて、袖(デ)や裾(スソ)がめくり易くて柔らかい素材のものであればベストです。

実際にリハビリを行う上で、理学療法士は腕や足の状態を直接見て確認したり、服の上からではなく、直接肌に触れてマッサージやストレッチを行うこともあります。

また関節の動きなどを観察して、身体の状態を判断したりもします。

そのためジーパンなどのピチピチした服装では、袖(ソデ)や裾(スソ)などをめくり上げられないので、患部を観察できなかったり、直接触れらなかったりと支障が起きます。

なので、適切なリハビリを受けるためにも、服装は動きやすくて、袖(ソデ)や裾(スソ)がめくり易いものが適しているでしょう。

 

 

スポンサーリンク

スリッパやサンダルはやめておきましょう。

よく、スリッパやサンダルでリハビリを受けに来られている方もいらっしゃいます。

行われるリハビリの種類によっては問題ありませんが、立ったり、歩いたりなどの運動をメインとする場合は、スリッパやサンダルは動きづらく、転倒してしまう原因の一つになります。

リハビリが受けれないわけではないのですが、可能であれば脱ぎ履きしやすく、動きやすい運動靴を履いていきましょう。

おすすめ靴

高齢者のリハビリシューズでしたら、「あゆみ」が鉄板です。私は過去にリハビリ病院に勤務していましたが、多くの方があゆみを履かれていました。

「口が広い」「履きやすい」「軽い」「歩きやすい」と好評ですので、おすすめします。

関連記事

タオル、お茶、スポーツドリンクを持参

リハビリ中は、運動により汗を掻きます。

脱水の原因にもなりますので、タオルやお茶・スポーツドリンクなどを持参することをおすすめします。

まとめ

基本的には、どんな服装でもリハビリを受けることができます。

しかし、より効果的なリハビリにするためにも

  • 動きやすくて、袖(ソデ)、裾(スソ)がめくり易い服
  • 脱ぎ履ぎしやすい運動靴

でリハビリを行われるのがベストです。

 

初めてリハビリを受けられる方は不安があると思いますが

決して無理せず、安全にリハビリがんばってくださいね!

応援

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
アバター

シロマツ

訪問看護ステーションで理学療法士として働いています。 脳卒中などの中枢神経疾患や整形疾患、呼吸器疾患の方など対象に幅広く理学療法を行っています。

-患者さん向け

© 2021 白衣のドカタ