白衣のドカタって?

土方(ドカタ)】・・・土木工事で働く人。土工。肉体労働者。

IT土方(アイティードカタ)】・・・ITという華やかな業界とはかけ離れている底辺のプログラマ。

 

 そして、一部で理学療法士は、医療業界の『白衣のドカタ』と呼ばれています。

 

これは、白衣を着て先生と呼ばれ、高給そうに見える世間のイメージと違い、肉体労働で、給料が低く、医療職種の中でも極端に地位が低いことを揶揄し、自虐的に表現している呼び方です。

 

でも、そんな白衣のドカタは、毎日悩みながらも、目の前の患者さんとともに「安定した日常」を取り戻すために全力で戦っています。

 

例え「白衣のドカタ」と呼ばれても、リハビリ職として強く生きていきたい。

身体のことで悩んでいる方や、臨床で悩んでいる方の役に立ちたい。

 

そんな想いから、リハビリ情報ブログ・白衣のドカタを作りました。

 

このブログでは、役立つリハビリの臨床情報、子育てのことやお金のことなど、なんでも役立つ情報を発信していきます。

当ブログが多くの、身体や生活で悩んでおられる方や療法士の方に役に立つように、そして私の愛する家族に捧げます。

投稿日:2017年2月19日 更新日:

Copyright© 白衣のドカタ , 2018 All Rights Reserved.