歩行介助の方法と3つのコツ!~種類・目的をリハビリのプロが解説~

投稿日:

こんにちわ。「リハビリのプロ」こと、理学療法士のシロマツ(@hakuinodokata)です。

 

在宅でリハビリにお伺いしたときに、よく家族の方から

  • 歩行を介助するのが怖い!
  • どうやって歩かせてるの?
  • コツとかあるの?

などなどの相談や質問を受けることが多くあるので、悩んでいる方も多いと思います。

 

歩行介助は、ちょっとした歩かせ方のコツと、その人に適した歩行介助の種類や選択方法がわかれば、安全に、尚且つ、楽に歩かせることができます。

今回は、たくさんの方の歩行介助を行ってきたわたくしが

安全に、そして楽な歩行介助の方法と選び方を解説します。

おすすめ参考書

介護方法の鉄板書です。介護の方法が写真、イラストつきでわかりやすく記載されています。

スポンサーリンク

歩行介助に必要な要素

先ほどお話した通り、歩行介助は、安全に、そして楽に歩行介助できれば一番です。

なので、歩行介助に求める要素は

  • 安全性(安全に介助できるか?)
  • 安楽性(楽に介助できるか?)

の2つを重視します。

もし、安全性が欠けてしまった場合、転倒する可能性が高くなりますし、

安楽性が欠けてしまった場合、介助者の腰痛などの原因となる可能性が高くなります。

なので、どちらが欠けてもいけません。

 

しかし、要介護者の身体機能によっては、どうしてもどちらかを犠牲にしなければならないこともあります。

そういったときは、必ず、二人で行うか、理学療法士、作業療法士や、介護士などのプロの方に適切な介助方法を聞くようにしましょう。

歩行介助の目的

歩行介助の目的は2つです。

  • 日常生活の移動(介護目的)
  • 歩行練習(リハビリ目的)

上記の2つの目的で、歩行介助方法を使い分ける必要はそこまでありません。

どちらも、必ず「安全性・安楽性」を重視して下さい。

リハビリ目的では、安全性を重視して、過介助となっては、あまり良い練習にならないという考え方もありますが、転倒して、骨折してしまっては今まで励んできたリハビリも、水の泡です。

なので、介護目的でもリハビリ目的でも、歩行介助の方法が、安全性・安楽性を重視した方法であれば、そこまで使い分けする必要もないのです。

歩行介助のコツとポイント

歩行介助のコツとポイントは3つです。

  • 左右へ重心移動を誘導する
  • 介助者は要介護者と一緒に重心移動をする
  • 自分と相手の距離を意識する

左右への重心移動を誘導する。

立てるけど、歩けない・足が前に出ないというヒトは、基本的に左右への重心移動がうまくできていません。

ヒトの重心は、ちょうどおへその下辺りにあたりにあります。

そして、重心は、歩いているとき、「8の字」を描きます。

ヒトが歩くには、画像のように重心が8の字に「左右へ重心移動」しなければ、歩けません。

なので、歩行時は、左右への重心移動を誘導して上げることで、足が上がりやすくなり、歩きやすくなります。

左足を上げたいときは、右足にしっかりと体重とかけてあげましょう。

右足を上げたいときは、左足にしっかりと体重をかけてあげましょう。

誘導は、身体の部位(腕、体幹)などを操作して、最終的に骨盤を左右に移動させてあげるだけで良いです。

コツを掴めば簡単にできますよ!

一度お試しください!

介助者は要介護者と一緒に重心移動をする。

歩行介助とは、まさしく「ダンス」そのものです。

介助者と要介護者の息が合わないと、楽に介助ができません。

介助者が要介護者の「動きに合わせて」介助を行うとびっくりするほど楽になります。

 

この「動きに合わせる」というのは、

介護者の重心移動に合わせて、介助者が重心移動を行う

ということです。

要介護者の左右への重心移動を促しつつ、介護者も一緒に左右へ重心移動しましょう。

要介護者が左に重心移動したら、左へ重心移動を行い

右に重心移動したら、右へ重心移動を行いましょう。

ダンスのように相手の動きに合わせることにより、楽に介助ができます。

自分と相手の距離を意識する。

いくら安楽な介助方法でも、ふらついたときに支えきれなかったら転倒してしまいます。

なので、歩行介助に最も重要なのは、「安全性」です。

 

この安全性を決める要素は、「介護者と要介護者との重心の距離」です。

お互いの重心が近づけば、近づくほど、力がダイレクトに伝わるので、ふらついたときに、しっかりと支えることできます。

しかし、重心が遠いほど、力が伝わりづらいので、ふらついたとしても、支えきれない可能性が高くなります。

上記の画像のような形で介助しても、介護者と要介護者の重心が離れているため、お婆さんが膝折れしたら、女性はほぼ支えきれないでしょう。

 

歩行介助する場合、近くで介助することに越したことはないんです。

 

もし、密着する必要のない要介護者の場合は、最初は念のため近くで何度か歩行介助を行い、心配ないと判断すれば、徐々に離れて介助しても良いかと思います。

スポンサーリンク

歩行介助の種類と選定方法

代表的な歩行介助は、

  • 前方手引き介助
  • 側方片手介助
  • 側方片手腋窩介助
  • 後方腋窩介助

の4つです。

 

正直、いろいろ試してみて

  • 要介護者も歩きやすい。
  • 介護者も歩かせやすい。

というのが一番良いのですが、その人に適した歩行介助を行うは、種類や、選択方法などを知っておいた方が良いです。

歩行介助の幅が広がりますよー!

前方手引き介助

介護関連の本によく紹介されていますが

正直、私はおすすめできません。

リハビリでの歩行介助でも滅多に使いません。

なぜかというと「安全性が低い」から。

詳細な理由は下記の3つ。

前方両手引き介助のデメリット

  • 介助者は、後ろ歩きで進行方向を確認できない。
  • 相手との距離が離れており、ふらつきが起こっても、抑えられない。
  • 触れ合っている箇所が手と肘のみなので、相手の身体を操作し辛い

前から引っ張るような形で介助することが多いですが、何らかの拍子で介助者が力を抜いてしまったり、要介護者が手を離すと後方へ転倒し、尻もちをついて、脊椎圧迫骨折なんてのも十分にあります。

また、急に膝折れが起こっても対処できません。

そして、要介護者を引っ張るような形で歩行練習をしても、自分で重心をコントロールできていないので、いつまでたっても、歩行が上手になりません。

なので、リハビリの視点からみても、おすすめできません。

 

しかし、中には前方手引き介助でないと歩けないケースもあります。

その場合は、前方手引き介助でも問題はないと思います。

前方手引き介助の選定条件

  • 前方へ体重を掛けないと歩けない
  • 前方から引っ張らないと歩けない
  • 視覚障害があって、進行方向を誘導する必要がある

あまり積極的に使用するべき歩行介助方法ではありませんが、上記の選定条件のように「前方手引き介助しか歩けない」という場合は、使用しても良いと思います。

側方片手介助

介護の現場でよく見かける介助です。

大体、ドラマなどで、高齢者を介護するシーンであれば、必ず側方片手介助で歩行介助していますよね。下のようなやつ!

うわぁ~こんなシーンあるある!と思わず唸ってしまいそうになります(笑

 

しかし、この歩行介助も、正直おすすめできません。

 

これも介護者と要介護者との距離が離れているため、ふらついたときに支えきれない可能性が高く、「安全性が低い」からです。

なので、常にふらつきが見られたり、転倒リスクが高い方には行わない方が良いです。。

画像の女性のような介助方法であれば、何かあったときに全く対応できません。

側方片手介助の選定

  • ひとりでも歩けるけど、不安のある方
  • 片麻痺などの障害部位が左右比対称な方
  • 片方の足に体重を掛けると痛い(荷重時痛)

私が側方片手介助を使う場合は、足に荷重をかけると痛みのある方(荷重時痛)に対して行うことが多いです。

介護者は、要介護者の患側に立ち、介護者の手を杖代わりにしてもらうことによって、荷重を分散でき、痛みが軽減します。

この時、要介護者は、肘を30°くらい曲げてると力が入り、支持しやすくなります

基本的に、転倒リスクが高い介助方法ですが、荷重時痛のある方に対して効果的な介助です。

 

注意点:片麻痺などの場合、介助者は麻痺側に立つようにしましょう。

側方片手腋窩介助

名前がわからないので、私が勝手につけました(笑

腋窩とは、脇のことを言います。

側方に位置して、要介護者の片手と腋窩を把持します。

イメージとしては「フォークダンス」です。

この側方腋窩介助は、個人的に一番よく良く使用します。なぜなら

  • 密着できるので、安全性が高い
  • 左右への重心移動が促しやすいポジションなので楽に歩行ができる。

という安全性と安楽性の2点が優れているからです。

ふらつきが多く、転倒リスクが高い方であれば、一度試す価値はあると思います。

側方片手腋窩介助の選定

  • いつ転倒するかわからないハイリスクな方。
  • 片麻痺などの障害部位が左右比対称な方
  • 片方の足に体重を掛けると痛い(荷重時痛)

もし、腋窩で、左右への重心移動が促し辛い場合は、腋窩から骨盤へ持ち帰ることで、重心移動がし易くなり、歩行が容易となる場合もあります。

 

注意点:片麻痺などの場合、介助者は麻痺側に立つようにしましょう。

後方腋窩介助

この歩行介助方法も、側方片手腋窩介助と同様に

  • 密着しているため、安全性が高い
  • 左右への重心移動が促しやすいポジションなので楽に歩行ができる。

というメリットがあります。

後方腋窩介助の選定

  • 重心が後方にあり、よく後ろにふらつく方
  • 障害部位はが片麻痺などの左右非対称ではない方

何といっても、後方腋窩介助は、左右への重心移動が促しやすいので、リハビリにもってこいだと感じることが多いです。

私も、後方腋窩介助、もしくは、骨盤を把持した後方骨盤介助も行います。

足が断然前に出やすくなりますよ。

まとめ

歩行介助のコツと、代表的な4種類の介助方法、選定方法等を解説しました。

 

細かい介助方法はどうであれ、介護者と要介護者が、安全で、楽に歩けたらそれで問題はないと思います。

決して無理をせず、くれぐれも、転倒事故に注意してくださいね!

 

シロマツ
最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

1

こんにちわ。シロマツ(@hakuinodokata)です。   タイトルにいきなりお金のことなんて書いちゃって、はしたないちゃありゃしない。と思われても仕方ないのですが、この記事をクリックし ...

2

こんにちわ!シロマツ(@hakuinocokata)です! 私は、訪問リハビリ業務をしておりまして、毎日バイクで走り回っています。 車で移動しているセラピストは、安全でうらやましい限りです。 でも、バ ...

3

こんにちわ!シロマツ(@hakuinodokata)です!   動作観察・動作分析ってすごく悩まされますよね・・・ 特に実習生の方はかなりご苦労されていると思います。   学校でも ...

-介護予防

Copyright© 白衣のドカタ , 2017 All Rights Reserved.