棒体操のリハビリ21選!高齢者への効果やイラストを用いて解説!

投稿日:2017年11月12日 更新日:

こんにちわ。理学療法士のシロマツ(@hakuinodokata)です。

 

高齢者や病気になると安静が続いて、転倒し易くなって最終的には寝たきりになる可能性が高くなります。

何か簡単で手軽にできる運動はないの?と思う方も多いでしょう。

今回は、1人でも気軽にできる、効果的な「棒体操」について解説していきます。

 

前半は、棒体操に関する基礎知識を解説して

後半は、イラストを用いて棒体操を解説していきます。

最後には、イラストをまとめたpdfファイルも配布していますので活用してもらえればうれしいです。

おすすめ参考書

数少ない棒体操に関する本です。棒体操の効果や可能性、実践など詳しく書いています。

 

スポンサーリンク

棒体操とは?

棒体操とは、文字通り「棒を使用した体操」のことを言います。

よく介護施設や、リハビリで高齢者・パーキンソン病などの神経難病の方などに幅広く使われていて、わたしもよく患者さんや利用者さんに棒体操を指導します。

 

過去にも棒体操は、介護予防や健康長寿に注目されてきました。

あの107歳まで生きられた曻地三郎さんが発案した「十大習慣健康法の中にも「棒体操」が含まれています。

十大習慣健康法

  1. 笑顔とユーモアを心がける
  2. 朝の冷水摩擦と歯茎マッサージ
  3. 毎日棒体操を行う
  4. 祈って人生を前向きにする
  5. 一口30回は噛む
  6. 語学を勉強する
  7. 新聞を読んで好奇心を磨く
  8. 口八丁手八丁足八丁(こまめに働き脳活性)
  9. 日記をつける
  10. 固いマットで上を向いて寝る

曻地三郎さんは、1日5分間、365日毎日行っていたそうです。

棒を持つことで、運動範囲を一定にすることができ、無理の無い安定した運動が可能となります。

そのため棒体操は、楽に、気軽にできるので「習慣付きやすい」と言えます。

棒体操の「棒」の作り方

棒の作り方は簡単。新聞紙を丸めて、外側からガムテープやビニールテープで巻いたら出来上がりです。

使用する棒は、手のひらで持てる太さで、長さは、長すぎず短すぎずで、50~70㎝ほどが良いでしょう。

 

作るのが面倒でしたら、「」でも問題ありません。

棒体操の目的

棒体操の主な目的は3つあります。

  1. 全身の柔軟性を保つ(主に肩や体幹がメイン)
  2. 認知症予防(指先や反射神経を刺激する)
  3. 転倒予防(バランス練習)

神経難病の「パーキンソン病」は、猫背(前屈前傾姿勢)となりやすいため、姿勢を矯正する目的で、よく棒体操が行われます。

パーキンソン病に棒体操はもはや常識になりつつあるので、必ず行っておいた方が良いでしょう。

棒体操の高齢者への効果

過去に「棒体操」が高齢者の転倒予防に及ぼす効果の研究が報告されています。

要旨:本研究の目的は,「棒体操」が高齢者の転倒予防に及ぼす効果,および「棒体操」の効果発揮時期と効果持続期間を検討することであった.4地区町村の地域在住高齢者62名を無作為に前期介入群(「棒体操」を週2回6ヵ月間自宅で実施した後,6ヵ月間経過追跡)と後期介入群(6ヵ月間の通常生活後,「棒体操」を週2回6ヵ月間実施)に割り付け,介入した.「棒体操」実施のアドヒアランスは87.5%と高く,転倒者数と躓き者数,転倒の内的要因に有意な改善がみられた.さらに,「棒体操」の効果は介入後1ヵ月から出現し,終了後も6ヵ月間持続した.以上の結果から「棒体操」は継続性があり,転倒予防に効果的であることが明らかとなった.

引用:横井賀津志:地域在住高齢者に対する「棒体操」の転倒予防効果,作業療法,Vol31,No2,2012

上記を更に要約しますと

  • 高齢者が棒体操を週 2 回 6 ヵ月間、自宅で実施したら、転倒予防に効果があった。
  • 棒体操の効果は介入後 1 ヵ月から出現し,終了後も 6 ヵ月間持続した。

棒体操の効果には継続性があり,転倒予防に効果的な可能性が高いと思われます。

他にも認知症予防にも効果がある可能性も確認されています。

スポンサーリンク

棒体操のイラストで方法・やり方を解説!

ここからは、棒体操を3種類の目的別で紹介していきます。

  1. 姿勢矯正、柔軟性向上
  2. 認知症予防
  3. 転倒予防

行われる方の能力に合わせて、プログラムを取捨して下さい。

最初は3分程度、3種類程度から初めて、徐々に時間や種類を増やしてください。

注意点

  • 立つのが不安な方は、座ったまま行って下さい。
  • 肩や腰に痛みのある方や、途中で痛み方は中止して下さい。
  • 疲労感がある方は行わないでください。

姿勢矯正、柔軟性向上

チェックポイント

 腕をどれくらいまで上げれば効果的???

腕を上へ上げることで得られる効果は「胸椎・腰椎を伸ばすこと」です(伸展運動)

ある研究では、片側上肢拳上150°から胸椎後彎角度の減少が生じると報告しています(上田泰之:2008)

他にも、両上肢拳上角度120°より腰椎の伸展が生じると述べられているものもあります(Kapandji:1982) 

棒体操を行う際は、可能な限り「120°~150°以上」腕を挙上した方が良いでしょう。

  • 引き込み運動:腕を後方に引き込み、胸を張りましょう。
  • バンザイ運動:バンザイをして、胸を張りましょう。
  • バンザイから胸張り運動:バンザイから棒を首の付け根くらいまで下げて、胸を張りましょう。
  • バンザイから外側へ傾ける運動:バンザイから左右へ身体を傾けましょう。
  • 体幹捻り運動:足は動かさずに体幹を大きく捻りましょう。

チェックポイント

外側へ広げる運動:棒を持って、外側へ腕を広げましょう。私はわかりやすく「欽ちゃん歩き体操」と呼んでいます。

引き上げ運動:棒をできる限り上へ引き上げましょう。

車のハンドル運動:車のハンドルのように、棒を回転させましょう。

剣道運動:剣道のように、前方へ面を打ちます。余裕のある方は、手だけではなく、足も一歩前に踏み込んでみましょう。

 

チェックポイント

前屈運動:大きく前へ前屈しましょう。

背中に棒を挟んで胸張り運動:背中に棒を挟み、胸を張ります。不安定になりやすい方は手伝ってもらいましょう。

背中で棒の受け渡し運動:胸を張りながら、棒を左右の手で交互に受け渡しします。

認知症防止

チェックポイント

注意点:周りに障害物や物が無い環境で行って下さい。

  • 両手キャッチ運動:上へ棒を投げて両手でキャッチします。
  • 片手キャッチ運動:上へ棒を投げて片手でキャッチします。
  • 棒立てバランス運動:手のひらで棒を立てて倒れないようにバランスを取りましょう。
  • 棒回転キャッチ運動:慣れれば、3回転や、右手で投げて左手でキャッチなど難易度を挙げても良いでしょう。

転倒防止(バランス能力)

チェックポイント

注意点:不安定な姿勢になり易いため、転倒には十分気を付けて下さい。

  • 両足周り運動:中腰になって、棒を両足の周りに回しましょう。
  • 股抜き運動:バスケット―ボール選手のように棒を八の字で股抜きしましょう。
  • 股くぐり運動:足を挙げて棒を股くぐりさせましょう。
  • 胸張りランジ運動:棒を背中に回して、大きく一歩踏み出すランジ運動をしましょう。

まとめ

棒体操の効果や、種類、方法等を解説しました。

棒体操は、安楽で、比較的継続し易い運動です。

是非とも継続して、健康寿命を伸ばして頂ければと思います。

 

紹介した棒体操の種類を全てpdfファイルにまとめていますので、よろしければ、介護現場やご自身で使われる際にお使い下さい。

棒体操まとめ.pdf

シロマツ
最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

1

こんにちわ。シロマツ(@hakuinodokata)です。   タイトルにいきなりお金のことなんて書いちゃって、はしたないちゃありゃしない。と思われても仕方ないのですが、この記事をクリックし ...

2

こんにちわ!シロマツ(@hakuinocokata)です! 私は、訪問リハビリ業務をしておりまして、毎日バイクで走り回っています。 車で移動しているセラピストは、安全でうらやましい限りです。 でも、バ ...

3

こんにちわ!シロマツ(@hakuinodokata)です!   動作観察・動作分析ってすごく悩まされますよね・・・ 特に実習生の方はかなりご苦労されていると思います。   学校でも ...

-介護予防

Copyright© 白衣のドカタ , 2017 All Rights Reserved.