現役理学療法士に聞いた!理学療法士が貰って嬉しいプレゼント8選!

理学療法士に喜ばれるプレゼント

理学療法士の彼・・・何をプレゼントしたら喜んでくれるかな?
彼女が理学療法士なんだけど、何だったら喜ぶんだろう?

プレゼント選びは本当に難しいですよね。

理学療法士は何をプレゼントされたらうれしいのか、現役理学療法士が職場にてガチでアンケートを取りましたのでお役立て下さい。

スポンサーリンク

絶対に大事にされるボールペン

理学療法士が1日の中で一番触れるアイテムは打腱器でもなく、ゴニオメーターでもありません、

理学療法士が1日の中で一番触れるアイテム・・・それは・・・ボールペンです。

多くのスタッフが安価な使い捨てボールペンを使っています。

そんな中で素材が上質で自分の名前が記載しているボールペンなんてプレゼントされたら嬉しいに決まっていますよね。

自分の名前の入った世界に一つだけのボールペンは絶対に大事にしてくれること間違いなしです。

ハンドクリームは理学療法士の必需品

両手

理学療法士の商売道具は「手」です。

患者さんに触れる前後には、頻繁に手を石鹸&アルコール消毒するのですごく荒れてしまいがち。

そんな荒れた手で患者さんに触ると傷つけてしまう可能性もあるので、ハンドケアに気を使っている理学療法士はかなり多いです。

なので、ハンドクリームは理学療法士の必需品なのです。

そしてハンドクリームといえば、ロキシタン!

高級感があり、容器がシンプルでおしゃれなので、ロキシタンのハンドクリームを愛用している理学療法士はすごく多いです。

絶対に喜ばれるおすすめの商品です。

スポンサーリンク

あなただけの特別なコーヒーを。

コーヒーマシン

毎日臨床や勉強会など忙しい理学療法士は、眠気覚ましにコーヒーを多飲する方が多いのです。

おいしいコーヒー豆をプレゼントしたいんだけど、相手がどんな風味の豆が好みなのか全くわからん。。。

と思ってる方はきっと多いはず。

そんな場合はSOW EXPERIENCE(ソウ・エクスペリエンス)のコーヒーギフトがおすすめです。

国内外で評価されているロースタリー9店の好きなコーヒー豆をプレゼントした相手に自由に選んでもらい、自宅にそのまま届けてもらえます。

飲んでみたいコーヒー豆を選べるって楽しいですよね。コーヒー好きなら絶対に喜ばれます。

自宅にコーヒーメーカーがない方にはコーヒーメーカーも喜ばれますよ!

理学療法士だって癒やされたい。マッサージグッズ

理学療法士はいつもマッサージをする側なので、たまにはマッサージされたい!!!

プレゼントしたい理学療法士が、肩こりor腰痛持ちならチャンスです。

以外に使う名刺入れ

理学療法士は、以外にも名刺を使うことが多いです。(多くは学会などでの挨拶用ですが)

名刺入れは安物で済ませてる理学療法士が多いので、ブランド物はとても喜ばれます。

アンケートの結果、20代なら吉田カバンやポールスミス、30代、40代ならイルビゾンテなども喜ばれるかもとのこと。

またブランド物で喜ぶ人じゃない方へは名入れ名刺入れなんかもおすすめです。

スポンサーリンク

プレゼントのthe定番!財布!

以外に人気があったのは、ブランド物の財布でした。

財布を選ぶポイントとしては

  • 相手のライフスタイルに合うこと
  • おしゃれなこと
  • 使い勝手の良いこと

などを重視すると喜ばれるでしょう。

あと、ブランドにはそれぞれこだわりがあるので、できる限りの事前調査を行いましょう。

相手の好みがわからない場合はシンプルで上品なデザインを選ぶのがおすすめです。

仕事でも使う!腕時計・懐中時計!

腕時計

スポーツ経験者の多い理学療法士は、スポーティーなデザインの腕時計をしている人が多いです。

そして病院などの現場では、以外にも懐中時計を利用する理学療法士が多いのです。

理由は腕時計をしながら患者さんを施術をすると皮膚を傷つけてしまう可能性があるため、一部の理学療法士は胸ポケットの中の懐中時計で時間を確認しています。

理学療法士は荷物が多い。リュックサック&トートバック

リュックサック

なぜか通勤している男性理学療法士はリュックサック、そして女性はトートバックが多いです。

勉強用の教科書や着替え等を持ち歩くためだと思われます。

まとめ:アンケートの1位は「何でもうれしい」でした!

happy

最後にアンケート1位を発表します。。。

 

1位に輝いたのは・・・「何でもうれしい」でした!

そうです。結局のところヒトって、一生懸命になって自分のために考えてくれたものが一番うれしいのです。

なので、プレゼントに悩んでいる方は、一生懸命考えて怖がらずにプレゼントしてみて下さい。

よほどのことがない限り喜んでくれるはずですよ!

この記事であなたの悩みが解決できたのならうれしいです!

 

シロマツ
最後までお読みいただきありがとうございました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

シロマツ

臨床&勉強が大好きな理学療法士。 脳卒中などの中枢神経疾患や整形疾患、呼吸器疾患の方など対象に幅広く理学療法を行っています。

© 2021 白衣のドカタ