アカチャンホンポでハイハイレースに参加してきた話【エキスポシティ】

投稿日:2017年7月22日 更新日:

先日、アカチャンホンポが主催しているイベント「ハイハイレース」に参加してきました。

 

人気がありすぎて、すぐに定員オーバーになるので、3回ほど申し込み予約できなかったんですけど、今回は無事予約ができました!

 

参加したからには、ゼッタイ我が子に一番になってほしいと思って、事前に色々とネットで詳しい情報を探したのですが、少なかったので

今回は、予約方法から、レースの内容勝つためには何が必要か?などをお伝えします。

スポンサーリンク

参加条件

基本的には月齢、年齢に関わらず、ハイハイができる未歩行の赤ちゃんしか参加できません。

なので、出場できる期間が限られています。

良い思い出作りになるので、参加しておいて損はないと思います。

 

そしてハイハイレースは、アカチャンホンポのポイントカード会員の限定イベントです。

予約受付時に、ポイントカード番号の入力が必須となりますので、事前に必ずアカチャンホンポで会員登録しましょう。

開催日と予約受付日の確認

ハイハイレースは予約制なので、開催日と予約受付日を確認しなくてはなりません。

 

まずは、アカチャンホンポのホームページにアクセスして、イベントをクリック!

ハイハイレースをクリック

その後、イベント開催店舗を選択。

その店舗の予約受付日時&ハイハイレースの日時を確認します。

 

予約は、その予約受付日時を確認したページで、予約受付日時が来ると、予約ボタンが突如現れます。

 

可能であれば予約受付日時は、予定を空けておきましょう。

予約(ハイハイするだけのイベントだと侮ってはいけない)

わたしは予約受付当日、予約開始時間を忘れていて、10分程度過ぎてからアクセスしたんですが

 

【定員に達したため、受付は終了しました。】

 

との記載が・・・

10分程度遅れただけで定員???

 

我が子との思い出を残すため、みんな必死なのでしょう。

親の愛情が伝わってきます。。。

 

なので、レースを予約する際は、必ず予約受付開始の5分前にPC前に座り、ハイハイレースの開催店舗ページに移動し、待機しておきましょう。

(慣れている方はスマホでも良いかもしれませんが、個人的にはPCの方が素早く入力できるので、私はPCで予約しました。)

そして、受付開始時間の30秒前になったら、F5キー連打!!!

(F5キーを押すとサイトの再読み込みが行われ、最新の情報に更新されます。)

 

そして突然現れる予約受付ボタン!

 

素早くクリックしてそのままダッシュで予約登録しちゃって下さい!

(恐らく、予約受付ボタンを押しただけでは、まだ予約できていないので、素早く入力して、予約完了した方が良いと思います。でも、間違いのないように入力してください。)

 

完了したらメールが来ますので、当日まで大切に保管して下さいね。

スポンサーリンク

ハイハイレース当日

ハイハイレースの受付が開始時間の30分前ぐらいから開始となります。

早く場所になれるためにも早めに受付を済ませて赤ちゃんと一緒に会場の下見をしましょう。

ヒトによっては、早く受付を済ませて、準備されたコースの上をハイハイさせていました。

その後、ハイハイレース開始時間10分前くらいになったら、会場で待機しておきます。

 

会場はこんな感じ。

 

画像は、5レーンありますが、今回は、3~4レーンを使っていて、1レースにつき、3~4人の赤ちゃんが位置につきハイハイします。

今回は8レースまでありました。

 

スタート地点とゴール地点はお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん誰でもOKです。

 

誘導する人は、お父さん、お母さんとは限らないので、スタッフは、誘導する人を『コーチ』と呼んでいました。

出場するレースの2レース前ぐらいになると、ゼッケンを貰いにいきます。

我が子は、くまちゃんコースでした。

 

かわいい動物のゼッケンをつけて、

 

『位置について~・・・レッツ~ハイハイー!!!』

 

の合図で、スタート!

モザイクだらけですいません。(笑)

 

レースは、泣き叫ぶ赤ちゃんもいれば、コースを外れてハイハイする子もいます。

 

でも一番おもしろいのは、必死で赤ちゃんを誘導するコーチの姿です。

 

多くは、スタート側にいる方が赤ちゃんの誘導をして

ゴールにいる方がビデオカメラを片手にバッチリと撮影していました。

 

これはめちゃめちゃ記念になるので、しっかりと映像として収めたいところです。

景品について

参加賞では、

  • ハイハイレースの表彰状
  • アカチャンホンポのお尻拭き
  • 0~2歳児用の歯ブラシ

を貰えました。

 

一位の赤ちゃんには

  • ハイハイレースの1位の表彰状
  • アカチャンホンポのお尻拭き
  • 0~2歳児用の歯ブラシが2つ分

貰えていましたよー!

 

(残念ながら我が子はスタート地点で泣きじゃくり最下位でした(笑))

スポンサーリンク

ハイハイレースで勝つために!!!

誘導する道具は何を使ってもいいので、赤ちゃんが大好きなもので誘導して下さい。

周りの方が使用していたアイテムは

  • スマホ
  • リモコン
  • ジャラジャラしたキーホルダー
  • おやつ
  • 哺乳瓶

などなど、それぞれ赤ちゃんに合わせたアイテムを使用していました。

おすすめアイテム

赤ちゃんはスマホとリモコンが大好きです。私は、下記のアイテムを持っていきました。

アイテムも大事なのですが、勝つために一番必要な要素は、ハイハイが速いなどの身体機能ではなく

いかに人見知り、場所見知りをしないかということと

日ごろからコーチとの親密なコミュニケーションを取っているかだと思います。

 

生後から月日が経過して、運動機能が発達している赤ちゃんほど、ハイハイが速いので、有利だと思ってしまいがちです。

しかし、成長するほど、人見知りや、場所見知りをしやすいので厳しいレースになる傾向があると思います。

 

私が思うレースに勝てる条件

好きなものに向かってハイハイができる。

さほど人見知り、場所見知りをしない。

日ごろからコーチと親密なコミュニケーションが図れている

 

上記が勝ちやすい条件になると思うので、人見知りや場所見知りをさほどせず、ハイハイができる5~7か月くらいが、丁度良い時期なのではないかと思います。

 

ですが、順位などにはこだわらず、生まれて初めての我が子の挑戦を見て、成長を喜びましょう。

まとめ

ハイハイレースに予約するには、きっちり受付予約時間にアクセスして手続きをしよう。

勝つためには、日ごろから赤ちゃんとの親密なコミュニケーションを図りましょう。

順位にはこだわり過ぎず、ハイハイレースを通じて、我が子の成長を喜びましょう。

 

シロマツ
ゼッタイ良い思い出になると思うので、是非参加してみてください!
スポンサーリンク
  • この記事を書いた人

シロマツ

訪問看護ステーションで理学療法士として働いています。 脳卒中などの中枢神経疾患や整形疾患、呼吸器疾患の方など対象に幅広く理学療法を行っています。

-子育て

Copyright© 白衣のドカタ , 2018 All Rights Reserved.